おすすめ! 必見です


img_20170530-193328.png
五反田整骨院ロゴマークです

健康だよりー 内反足とは?

   歩行中、踵を接地して荷重がかかるときに、

踵の内側へ充分に荷重がかからない為に、

踵が外側へ傾いた状態を言います。

 内反足があると、膝⇒股関節⇒骨盤へと悪影響が広がり、

痛みが出ることがあります。

 又、O脚の原因であるといわれています。

 尚、外反母指の遠因になっています。

 又、膝⇒股関節⇒肩関節⇒頸椎へと広がる場合もあります。

 最終的には頸椎まで悪影響があり、

頭痛の原因になることがあります。

 五反田整骨院では内反足を矯正することで、
O脚が矯正されていく治療をしています。


また、日常生活で気を付けることは、

踵の内側へ充分に荷重がかかるように、

膝を内側へひねることを常に意識することです。

          

内反足のチェックリスト

  下記の事を確認してみてください。

 
 ・過去に歩行中、足を捻挫したことがある。
又は、よく捻挫しそうになったことがある。
 
・外反母指になったことがある。

・靴のかかと部分の外側が減っている。

・長く歩いた時などに膝や股関節近傍に痛み、クリック
(コクッコクッ音)、違和感が出たことがある。
 
・外果(そとくるぶし)下方のかかとに痛みが出たことがある。

※該当するものがあれば、内反足の可能性があります。
 
※健康に関心のある方は、「リンク(情報満載)」をご覧ください。
 

健康だよりー腰痛を自分で治そう!

 日常生活で座面の硬い椅子に座る時に、
お尻を斜め後ろ上方へ押し上げて、そのまま深く座ります。

そして次の事をチェックしてください。

その時、左右のお尻・坐骨・大腿上部の左右どちら側が 
座面に圧着していないかを調べてください。

そして、それが確認できたら、両側のお尻・坐骨・大腿上部へ、

左右均等にかかるように荷重重心を移動して、 
左右の仙腸関節へ充分に荷重をかけていきますが、 
両腿は内側へ寄せておいてください。

ここで注意してほしいことは、圧着してない側のお尻を 
より斜め後ろ上方へ押し上げて、そのまま深く座ることです。

それで圧着していなかった側にも充分に 
荷重がかかっているかを確認してください。

さらに、クンバハカ体制*で、ゆっくり大きく深い呼吸をして下さい。

すると、血液に酸素が供給されて、関節が柔らかくなります。

*クンバハカ体制→:健康呼吸法(2)5.クンバハカ体勢習得の要領

その時に痛みが出ますが、それを我慢して姿勢を保持します。

実はこれは治す時に出る痛みですから、 
大丈夫なので安心してください。

すると、3分くらいで徐々に痛みが取れてきます。

これはどうしてかと言うと、患部の関節(仙腸関節・股関節)に

整合面圧」がかかり、関節の潤滑が改善されたからです。

つまり痛いところが修復されて治ったことになります。

日常生活で座るたびに、これを繰り返し行うことで、
 
治っていきますよ!

早く痛みが取れますので、是非やってみてくださいね!

私はこの方法で治っていますよ!!
 

五反田整骨院情報

プロフィール画像
お知らせ
*午後の診療は午後3時からです。

*Twitterを更新中です。5年ぶりに再開しました。

*当院HPの「サイドメニゥー」・サイドメニゥー「院長からのご挨拶」・「不安解消!納得!交通事故(ムチ打症)」を更新 しました。

*当院HP[リンク(情報満載)」を開くときに、「別ウインドウ」で開いていたのを「同じウイン ドウ」で開けるようにしました。
 「使いやすくなった♪」と思います。
午前中診療について
毎週水・土曜日は午前中診療、午後休診です。
ご注意ください。
混雑状況
※最近、毎週水曜日は混んでいませんので
待つことなく治療できると思います

※平日の午前中は、待ち時間もなくスムーズに診療できています

お時間の合う方は、午前中にどうぞ♪
ファイテン ソラーチ
低周波治療器を通電中にサービスとして、
ソラーチで足のエアーマッサージをしています。

効果として、足底筋の血行促進・筋肉の疲れをとる・
筋肉痛の痛み緩和・疲労回復があると思います。🎶
プロフィール
院長 五反田 定夫

・ (公社)日本柔道整復師会 会員  厚生労働大臣免許 
・ (公社)日本柔道整復接骨医学会 認定
・ (社)福岡県柔道整復師会 会員
・ 日本構造医学会 認定
・ 日本構造医学研究所 会員
・ メンタルケア・スペシャリスト 認定
ホームページ更新
H29.4.10にホームページの内容を更新しました。
治療内容を充実させて、患者さんに
より分かり易いように書いたつもりです。
治療内容が患者さんの受診のきっかけになればと思っています。