腰痛ケアで痛み軽減


a_74502_2.jpg

『松崎4丁目北』交差点の歩道から見たところです


 

まず、やってみましょう!

(1)座位にて終始相対クンバハカ*(注参照)を保持する。

(慣れれば無意識の自然クンバハカになる)

吸息時には両眉を軽く上げ、意識を 眉間に集中します。

*(注) 「神経反射調節法(3)の5.クンバハカ体勢習得の要領(8)相対クンバハカ」

ここをクリックすると、リンク先に飛んで、項目のページが現れます。

 

(2)双輪の印(注参照)を組み、両手小指を絡み合わせて

軽く締めておくと確実に無意識のクンバハカが持続されます。

そして両拇指と両示指の四本を立てて軽く触れあ い、

四本の指の脈を一つに感ずるようになれば、

雑念・妄念が消え無我一念が出来 る。

(注)両拇指と両示指の四本を立てて、残りの中指、

薬指、小指を曲げてからみ合わせた状態です。

 

(3)まず息を充分に吐き出して、息を軽く止めたまま、

へそで「の」の字の縦棒を書くつもりで腰を後方へ引きます。

(これを時計の数字で表現すると、12時→真下→6時で止息。)

 

(4)へそで「の」の字の円形を書くつもりで、腰を後ろから

前方へ向かって右回りに1回転 しながら後方まで、

息を鼻から静かに吐き出す。

意識は丹田又は不調の患部へ集中。

(これを時計で表現すると、6時から真上へ右回りで→6時まで呼息。)


(5)へそで「の」の字の左半円を下から上へ書くように

腰を後ろから前方へ回しながら、両眉を上げ、

眉間へ意識を集中しつつ、息を鼻から静かに深く吸い込む。

(これを時計で表現すると、6時→12時までの半回転で吸息。)


(6)へそで「の」の字の縦棒を書くつもりで、

腰を後方へ引きながら、息を軽く止める。

(これを時計で表現すると、12時→真下→6時で止息。)


(7)このあと、呼息ー1回転、吸息ー半回転、

止息ー腰引き、の同じ動作経過を10回〜20回程度

反復してから、最後に1回半回転の呼息と

吸息(間に止息で腰引き)を2度ずつ行った後、終わる。

(これを時計で表現すると、6時→6時の1回転で呼息。

6時→12時の半回転で吸息。12時→真下→6時で止息。)


(8)最後に、前から始めて右回り1回半回転の呼息、

後ろから始めて右回り1回半回転の吸息、前から後方へ腰を引く止息、

後ろから始めて右回り1回半回転の呼息、

前から始めて右回り1回半回転の吸息で終わる。

引用 : 即効的生命力強化法のコツ 山田 務名



五反田整骨院情報

プロフィール画像
お知らせ
*午後の診療は午後3時からです。

*Twitterを更新中です。5年ぶりに再開しました。

*当院HPの「サイドメニゥー」・サイドメニゥー「院長からのご挨拶」・「不安解消!納得!交通事故(ムチ打症)」を更新 しました。

*当院HP[リンク(情報満載)」を開くときに、「別ウインドウ」で開いていたのを「同じウイン ドウ」で開けるようにしました。
 「使いやすくなった♪」と思います。
午前中診療について
毎週水・土曜日は午前中診療、午後休診です。
ご注意ください。
混雑状況
※最近、毎週水曜日は混んでいませんので
待つことなく治療できると思います

※平日の午前中は、待ち時間もなくスムーズに診療できています

お時間の合う方は、午前中にどうぞ♪
ファイテン ソラーチ
低周波治療器を通電中にサービスとして、
ソラーチで足のエアーマッサージをしています。

効果として、足底筋の血行促進・筋肉の疲れをとる・
筋肉痛の痛み緩和・疲労回復があると思います。🎶
プロフィール
院長 五反田 定夫

・ (公社)日本柔道整復師会 会員  厚生労働大臣免許 
・ (公社)日本柔道整復接骨医学会 認定
・ (社)福岡県柔道整復師会 会員
・ 日本構造医学会 認定
・ 日本構造医学研究所 会員
・ メンタルケア・スペシャリスト 認定
ホームページ更新
H29.4.10にホームページの内容を更新しました。
治療内容を充実させて、患者さんに
より分かり易いように書いたつもりです。
治療内容が患者さんの受診のきっかけになればと思っています。